漁船バンクでお目当ての船をGET|魅力的な品揃え

女の人

手続きの種類

ミニカー

自動車税を発生させない

もし、事故に巻き込まれてしまい、動かなくなってしまった車や劣化して稼働しなくなった車は、すぐに登録抹消をしなければなりません。なぜなら、購入した当初に済ませた自動車登録で生じる税金がまだ続いているからです。面倒だからといって、登録抹消を怠ってしまうと、役所はまだ車を走らせていると勘違いして自動車税を請求してきます。動かない車をいつまでも所持し続けることによって、生じる自動車税は負担が大きいものです。早急に登録抹消をして、無駄な税金で家計に負担をかけるのを防ぎましょう。

2通りの手続き方法

廃車の際に行なう登録抹消には、一時抹消と永久抹消の約2通りがあります。事故や車両の劣化によって使用が不可能になった場合には、永久抹消を選ぶことが多いです。永久抹消は文字通りのもので、一度手続きを済ませたら対象の車には二度と乗ることができなくなります。公道を走ることも許されないので、登録後に廃車処理施設に乗車して持っていくのも許されません。道路交通法に触れる可能性があるので、手続きをした後に廃車処理施設に移動させたい場合は、レッカー車を準備したほうがいいです。また、間違えて一時抹消のほうを選ぶのも避けましょう。一時抹消とは、長期的な出張や海外への留学と言った理由で、所有車に乗らないという場合に行なう手続きだからです。こちらの手続きをしてしまったら、解体の受付ができなくなる可能性があるので注意しましょう。一応、これらの手続きは個人でも可能ですが、もし難しいと感じてしまったら、廃車買取業者に頼ってみるのも最適です。